お母さんのひとり言

2012年初夏より青年海外協力隊に参加し、フィジーにて環境教育を行い、帰国後の生活など・・・

女性の地位

私の所属部署は建築と保健課が一緒になっているので、毎日結構お客さんが来ます。

建築物の申請から汚水・騒音・環境衛生(近所の犬がうるさいとか、隣が芝刈りしないから虫が来るとか・・)様々な用件で老若男女問わず色々な相談をしに。

 

今朝もおばちゃん二人が来て、

「早く着きすぎたからここで待たせてねー」

って感じで、私たちの上司を30分以上待ってた。

 

そして、会議を終えた上司が、登場するなり私をそのおばちゃんたちに紹介したので、JICAと繫がりの有る重要なお客さんであることが分かった。

 

上司の英語はインドなまりで聞き取りづらいけど、地方の役場(カウンシル)を取り仕切る一段階上の役所(デパートメントオフィス)建築課の女性ツートップらしい。

 

まるで蓮舫に詰問される財団法人みたいな上司、さらにその上の上司も途中参戦したけど、長いこと結構やられていた気がする。

f:id:oc1164:20121212135443j:plain

私も土木設計をしていたけど、役所との打ち合わせでこんな感じの女性は見たこと無かったな。特に建設関係では要職に就いている女性が少ない気がする。。。

 

表敬訪問の時も思ったけど、デパートメントオフィスの環境課もトップこそ男性だけど、実質のツートップは女性だったりして、日本よりはるかに男女均等な雰囲気。

 

それとは関係有るのか無いのか、バのカウンシルの女性陣は強い!!

 

今日は帰りに呼び止められ、クリスマスに職場の女子全員でお揃いのスルチャンバ(こちらの正装)作るよ!と言われ、身長190cmぐらいのデカいオジサンにバンを運転させて、女子全員で生地屋へ。

 

生地選びが終わったら、買うのは明日!と言って、又さっきのデカいオジサンを運転手の様に呼びつけて帰る。生地屋と仕立て屋は別なので、オジサンはあと何回運転手するのかなぁ・・・、可哀想。

 

そして役場に戻ると長椅子で20~30分くらい謎の休憩。。。

多分、仕事に戻るんだよね?!

私は家に帰ってしまったけど。

 

よく働くからか、気が強いからか分からないけど、

働く女性は明るく、元気で自由にやってる感じがイイ!!

 

日本に帰ってもマインドは持ち続けたいと思った。

 

そして、今晩は無性にカツが食べたくなったので、

食パンをおろし金でおろしてパン粉を作り、チキンカツを作っちゃった!

ソースは売って無いし、私は結構ポン酢で食べたりするので、レモンと醤油とダシ汁でポン酢も作れてしまった!!

もう料理上手の主婦の域やんww

f:id:oc1164:20121212195536j:plain

 

それと、今日のイングリッシュレッスンで学んだこと。

「これって邪魔?」と言う時は

Can I put it here,or not?

Can I put off away?

って言うらしい。

 

はぁー、これ言いたかった。。。

この言葉が出てこなかったので、そろそろ匂いが発生してきたコンポストを朝から2度も移動した。

実際はワーカーさんが><

 

人に迷惑かけるから英語ホンマに頑張らないと!