お母さんのひとり言

2012年初夏より青年海外協力隊に参加し、フィジーにて環境教育を行い、帰国後の生活など・・・

終わってみれば☆

CLEAN SCHOOL PROGRAMのワークショップが無事に終わりました。

 

※同プログラムは役場と学校が協力して、3R(REDUCE,REUSE,RECYLE)の普及を目指すもので、学校側が立てる年間アクションプランに沿って各校が環境活動(学校でのコンポストやゴミの分別、廃材アートクラフト等)を行い、役場は年2回のモニタリングと最終ジャッジメントをし、最優秀校を表彰するという活動。
その他、分別回収のシステム作りやコンポスト説明会等も必要に応じて役場が開催。

 

準備中はイライラしたり、自分の不甲斐無さに落ち込んだり・・・。

色々あったけど、終わってみれば楽しくて、また需要に応じてやりたいなぁなんて思っています。

 

 そして、今回協力して頂いた先輩隊員と。

f:id:oc1164:20130319132149j:plain

私の役目はいつもながらチョイチョイ出てきて、和みを誘う感じですが、 

ざーっと内容を復習すると、こんな感じ。

 

前半は既に本プログラムを3年位やっている役場による説明と、

2年連続表彰校の先生による実例紹介。

 

ティーを挟んでみんなが眠くなる頃、ゴミが何年で土に返るかロールプレイ。  

 

f:id:oc1164:20130319123729j:plain

先生達に色んなゴミになってもらい、床に年表を作って、それぞれ思う年数まで歩いて貰うという単純なゲームだけど、何故ゴミを捨てちゃいけないのかって所を説明したくてやってみたら、先生はほぼ正解!

 

 コレは協力隊の技術補完研修で習ったものを、同期がアレンジしたやつを丸パクリさせて貰っちゃった!サンキュー同期。

 

そのあと、学校側で開始当初に立てて貰うアクションプランの作成タイムとしたかったが、ウチの役場の長がいきなり喋り出し、さらに新型の飛行機が遊覧飛行するというので全員で屋上へ見学・・・という事で時間が無くなりカット!

 

こう言うところ、すごくフィジーです。

 f:id:oc1164:20130319122252j:plain

 

そして、廃材を利用した図工の授業体験タイム。

3つのブースに分かれ、試したい所へ移動して貰いました。

 

私はトイレットペーパーの芯とローターを利用したペインティング。

f:id:oc1164:20130319125353j:plain

 

大好評だった折り紙は、学校の先生隊員によるブース。

f:id:oc1164:20130319125240j:plain

 

歯ブラシと防虫ネットで絵具を紙の上に飛ばすスパッタリングも人気!

f:id:oc1164:20130319125651j:plain

 

このコーナーが先生たちに好評で、時間でーす!と言っても、

もう一つだけ作らせてー!!と言って楽しんでた。

 

一番好評だったのは、コピー用紙の包み紙を利用した折り紙。

古紙の再利用として、授業で取り入れて欲しいなー☆

 

そのあとランチで終了し、時間が有る先生は市場のコンポスト見学の予定だったけど、雨だったので延期となり解散。

次回、ワークショップをして欲しいと言われた。

 

先生達はやる気は有る様だったので、どうか順調に進めていきたい。

 

取り敢えず、学校からゴミの分別を始め、家からも持って来て貰ったりして地域を巻き込んで行きたいなーとぼんやり目論んでいる私。

 

 

まぁ、あまり大きな夢を見ず、目の前の事を着実にこなして行こう!

同期の子供も生まれて、名前も歩実ちゃんだし、一歩一歩って感じで。

 

取り敢えず終わってホッと一息。

 

忘れてた。

今回のワークショップで当日いきなりMCをしてくれた建築課のウネイズ君。

自力でプレゼン資料を作成・発表した保健課のカウンターパートマリアさん。

この二人のポテンシャルの高さに正直驚いた@@

 

デ・キ・ル!!

 

計画は嫌いだけど、瞬発力が異様に高い。

こういうところもフィジー人らしいのかな。

f:id:oc1164:20130319115303j:plain

 

 

 

 

そんなこんなしてる間に、アラフォーからフォーになった!

相変わらずアホやなーと思いつつ、ベトナム料理のフォーを作ってみた♪

 

米の麺、パクチー、チキン、スープの素とナンプラーで超簡単ファーストフード。

今後のヘビロテ間違いなしw

f:id:oc1164:20130403213619j:plain