お母さんのひとり言

2012年初夏より青年海外協力隊に参加し、フィジーにて環境教育を行い、帰国後の生活など・・・

心洗われる場所

最近、学校巡回をしておりまする。

 

私の活動の一つである"Clean School Program"の進捗をモニタリングするためで、

このプログラムはゴミの分別やスクールコンポスト、環境啓発行動などを

各学校が設定した年間の活動計画を役場がモニタリングやフォローし、

年度末には優秀校を表彰するというものなんですが・・・

 

始まる前は学校が本気で取り組んでくれるのかなー???

なんて不安に思ってたけど、校長先生やこのプログラム担当の先生とお話したり、

実際に学校を訪問すると、おや?まぁ?!

 

f:id:oc1164:20130620124929j:plain

f:id:oc1164:20130626111022j:plain

f:id:oc1164:20130625132104j:plain

f:id:oc1164:20130626105357j:plain

f:id:oc1164:20130626110006j:plain

f:id:oc1164:20130620124409j:plain

 

 

各校、結構すごいんです。

先生も子供たちも真面目に取り組んでくれていて、感心することしきり。。。

しかも楽しそう^^

 

学校に生徒として以外で行ったことが無かったので、

先生方とこんな風に対等な立場でお話出来る機会も初めてで、

生徒達からも””グッドモーニン・マダーム””

なんて言われて、とっても神聖な気分になります。

 

純粋な子供たちと真剣にゴミ減量に取り組んで下さる先生方。

 

””廃材アートはゴミからまたゴミを作るだけ”” と言う意見も有りますが、

廃材を分別して、次はコレで何を作ろっかなー?

この容器は洗ったらもう一度使えるのかなー?なんて空想しながら

学校や町がキレイになっちゃう♪

っていう、この取り組みを続けていけたら素敵だなって本当に思います。

 

そんなわけで

学校を訪ねると、いつも心が洗われます☆