お母さんのひとり言

2012年初夏より青年海外協力隊に参加し、フィジーにて環境教育を行い、帰国後の生活など・・・

やり残し

 

気づけばそろそろクリスマス。

頭の中ではマライやキャリーが流れてる~♪

f:id:oc1164:20131212225616j:plain

フィジーは年末年始はこれと言ったイベントは無いけど、

クリスマスの翌日がボクシングデーと言う祝日なので、

帰省したり、遊びに出かけたりして家族や友人たちと過ごすようです。

 

随分とご無沙汰してましたが、活動やなんかを振り返ってみると・・・

 

Clean School Programの審査と表彰式を何とか終えることが出来ました。

こう言った行事には外部の方にも協力して貰う必要があるため、

早めの準備をしたかったのですが、フィジー人は事前に段取りをしないため、

いつもながら関係者への案内状は直前に役場の車で配達したり、

審査員が2名来ない事が当日判明したり。←有力な外部者だったが。

また、表彰式に来ない学校が11校中3校・・と言う、グダグダな内容。

 f:id:oc1164:20131021130700j:plain

  招待状を配達してくれたペパードライバーのウネイズ、ありがとう。

f:id:oc1164:20131021131008j:plain

 その車内で封筒に宛先を書く、ギリギリガールズ・マリア&純子

 

もう本当にイライラして、途中で帰ったことも有るし、休んだことも。。。

あー、人に怒る資格は全くない。(いや、意見を言う資格も無いんやけど)

 

本当に直前まで何もせず、表彰式で授与するトロフィーも当日買うと言う、、ね。

だけど、表彰式で各校の良い事例を紹介したり、

来年度へ向けてのプレゼンテーションは素晴らしく、

審査も外部審査員の一人が非常に迅速かつ的確な審査をしてくれ、

結果オーライ!になっているから不思議@@ 

  f:id:oc1164:20131025151919j:plain

 各校を審査ちゅう

 f:id:oc1164:20131115154543j:plain

 写真は良い感じだけど、ギクシャクしていた表彰式^^;

 

私だけかなぁ、イライラしていたのは。

休んでる間に彼らは私がたたき台で作ったプレゼン資料も改良してたし、

審査も表彰式も滞りなく執り行えたし。

独り相撲を取ってるのだろうか?!とも思ったり、

怒って途中で帰ったり、まして休んじゃダメだろう・・

自分の完璧主義な所や勘違いが多く頑固なところも改善しないとなーと思う。

 

でも、やっぱり一度この段取りの悪さは反省会をしないとな!

行き当たりばったりでは、進展していかないと思うんだな。

直前だとJICAや外部からの資金面での協力も得難いんだよなー。

 

自分のやり方を押し付けないけど、話し合いたいなー、やっぱり。

うん!そーしよー。

 

と、1年を振り返り、すべきことが見えました。