お母さんのひとり言

2012年初夏より青年海外協力隊に参加し、フィジーにて環境教育を行い、帰国後の生活など・・・

ドリーム~Hidden figures~

f:id:oc1164:20171016085021j:image

ドリームと言う映画を観ました。

難波や梅田は混み混みだったので、超ローカルな布施ラインシネマにて。

 

NASAに実在した黒人女性エンジニア達がこれでもか!と言わんばかりに明らさまな差別をされつつも、明晰な頭脳・粘り強さ・タフさを持って、信頼と地位を確立していくスーパーヒロイン物語でした!

 

トイレやコーヒーサーバーもColloredと書かれた物しか使えない、社内でエンジニアに昇格しそうになると、白人専用大学の学位が必要だと言われる。。。

 

主人公の台詞は胸にささる物がいくつもありました。

「ゴールが近づくと、動かされる」

「差別している側はしていないと言うけど、そう思い込みたいの」等。

マイノリティへの差別は根深く、醜悪なものである事が分かります。

 

この映画の救いはケビン・コスナー演じるNASAの最高責任者が、人種を超えて主人公を認め、館内での黒人差別をササッと撤廃していくところです。

とてもカッコよく描かれていますけど、仕事を効率的に進めるには長として当然の行いではないかと思いつつ、この時代(1960年代)には難しかったのだろうか(+_+)

 

人間の醜さが上手く表現されており、かつ実力で地位を手に入れる女性たちにスカッとさせられるとても良い作品でした!(^^)!

 

唯一の難を言わせて貰えれば、翻訳が戸田奈津子さんでは無かったところ...

微妙に直訳っぽかったので、もう少し気の利いた字幕が欲しかったです(-_-;)

 

しかしながら、大ヒットしているのも納得できる映画でした!!

特にアラフォー女子にオススメです☆彡

 

I watched a movie "Hidden figures".

It was amazing drama!!!