お母さんのひとり言

2012年初夏より青年海外協力隊に参加し、フィジーにて環境教育を行い、帰国後の生活など・・・

悪口はどこへ向かうのか

悪口 イラスト 無料 に対する画像結果

最近、通勤途中に悪口好きの同僚と一緒になり、つい乗せられて上司や辞めた同僚ディスってます。←正直、辞めた人どーでもイイ。

ある程度共感できるんですが、出口のない迷路の様な会話は時として疲れます。

自分の嫌いな人を悪者にしたいだけだから。

電車やエレベーター内で、「あのオバサン達こえー」って言われてるんだろうか...

 

ネットで悪口ばかり言う人の心理が書かれてましたが、暇なんですよね、多分。

それと、人を嫌う自分を正当化したいと言う気持ちも有るような気がします。

妬みとか嫌なことをされたとか、そういう事の代償は根深いですね。

 

私も以前はそうでした。

ストレスフルな上司に歯向かう自分を正当化したくて、友達や同僚に上司がどれ程無茶苦茶かを説明(愚痴)していましたが、周りが何か出来る訳ではなく、どう対処するかは自分にしかできないと気づきました。

今は年齢のせいか、経験のお陰か、ずいぶんと頭の切り替えが早くなり、多少はピリッと言い返したりもして、愚痴を言う事が減りました。←思ってはいるけど・・・

 

通勤中に悪口か~(''◇'')ゞ

たまには息抜きになるかも知れないけれど、せっかくならセルビア語の一つでも覚えたいところです。笑

今日はTOEICの試験問題に出てくる単語を先生がセルビア語で教えてくれたので、脈絡ない系で。

 

slab=poor,weak:乏しい、少ない

apetit=appetite:食欲

zapostaviti=neglect:過失、虐待

ideja=idea:アイデア

 

こうして見ると、英語に似ている単語が多いです。

ちなみに先生は日本語の『弱い』と言う言葉が好きらしく、音の響きも弱そうで分かり易いと言ってました。

先生の『ょわい』の言い方がカマっぽくて、更に弱そうで面白かった。笑

 

Abuse somebody is sometime interesting but it is a waste time.