お母さんのひとり言

2012年初夏より青年海外協力隊に参加し、フィジーにて環境教育を行い、帰国後の生活など・・・

アサーション

朝シャンではなく、連れションでもないアサーションについて、勉強しています(^^;

 

まだ勉強中なので上手く言えませんが、意見を主張したり、断ったりする際に、自分も相手も大事にする方法らしいです。

 

やんわりだけど、しっかり・・みたいな。

何かの宣伝か!!笑。

 

例えば、些細なミスで怒鳴り散らす上司に対し、謝る所は謝って、「でも、もう少し静かに話して貰えませんか?」と言ったり、友達の無理なお願いには「困った時はお互い様だけど、こちらにも予定が有るから、これからは前もって言ってネ」と付け加えて断る等、情況と自分の感情を冷静に伝える事が肝なのかなと、思いました。

 

上司に意見したら睨まれる、友達の依頼を断ったら気まずい感は有るけれど、自分も大切にしないとね!って感じでしょうか。

 

アサーションをすれば当然、意見の対立も出てくる様ですが、関係が壊れたら修復すれば良いので有って、その為に話し合ったり、許したりするのかなぁ・・人って。。

 

外国人と話していると、アサーションが出来ている人が多いと感じます。

元々文化背景が違うから、考えが違う事が当たり前だと言う感覚が働くからかな?!

 

日本人同志だと、同じ常識で育ったのに何故分からないの?→こちらの考えにねじ伏せよう→やっぱ変だからハミゴにしよう的な発想になるのかな。

 

まだ勉強中ですが、何か仕事の処世術を学んでいる気がします!

 

I'm studying assertion.