お母さんのひとり言

2012年初夏より青年海外協力隊に参加し、フィジーにて環境教育を行い、帰国後の生活など・・・

サワコの朝

作家の阿川佐和子のトークが好きで、しばしば見ているサワコの朝。

今朝は90代の料理研究家がゲストでして、この方は元々慶応大学で心理学を専攻し、その後結核で40代までほとんど何も出来なかったとか‥

当初料理を教える気はなかったけど、教えて欲しいと頼まれて始め、今では人様の健康に役立つ良い仕事だと思っていると言われてました(^o^)

教えるって、そう言う事なのかなぁ。
何か得意な事とか、長年地道に続けている習い事が有って、その知識を求められた時にシェアするのが始まりな気がします。

その後も"先生"とか言われて調子に乗らずに、ひた向きに勉強を続けていく人が先生なんだろなー。

そして、その方が「生きやすいように生きれば良い」と言っていました。

なるほど~~!!

当たり前だけど、変な意地やねじれた感情で、自分を生きづらくしているなぁ。

特に昨日は、一昨日のミーティングで今までの考えを否定されたように感じたので、心をシャットダウンして仕事をしたので疲れました。。

いつも自然体で良いのだ。

部内で腹わって話せる人が居なくなっただけで(元々か?)、他人に嫌いオーラを出したり、シビアな発言をするには相当の気力が必要だから、受け流せば良いんだろうなぁ。。

あ、これは、いじわるこちゃんとボス猿のハラスメントを相談した時に、友達が言ってた事だった...

私の生きやすさって何だろう??
いつも笑顔で人に尽くして、優しい循環が生まれる様な気持ち良い空間かなぁ。

職場ではちょっと難しいからプライベードで!